初鳴きぃ~・・・と言っても ” ホーホケキョ ” がね!

今年の ” ホーホケキョ ” ・・・本日3月2日(土)朝・・・初鳴きが聞こえた!
今年は初鳴きから ” 正調 ” で綺麗に澄んだ声で鳴いている!
今年は早春から暖かかったからねぇ・・・ウグイスたちも喉の調子が良さそうだ!

気象予報では今年の春は平年に較べ暖かいのだとか・・・昨年とは大違いの気候だ!
夏は平年並みとか・・・大いに結構!!!
気候は毎年 ” 平年並み ” が一番良い。

来週水曜(3/6)は「啓蟄」
スズムシ愛好家さんの中にはこの日を目安に
「水やり」を開始される方も多くいるようだが、
日本列島は縦に長く、同じ「啓蟄」の日でも北と南では気温差が大きい。
スズムシたちへの「水やり開始」は「啓蟄」にこだわるよりも
それぞれお住まいの地域の気温に合わせて開始する方が現実的だ!

鈴虫坊の水やり開始は毎年、我が家の庭先の桜の開花を合図にしている。
今年は暖かいとは言え、庭の桜はまだまだ蕾堅し!

そうそう、近くの10mほどの高さの杉の木が・・・枝の先(穂先?)が
赤っぽく色づいて、風が吹く度に ” 飛びます 飛びます ” と煙りを吐き出している。
花粉症の人たちが目にしたらきっと鳥肌立つ光景なんだろうなぁ・・・

鈴虫坊は小さい頃は、よく「じんましん」が出ていた子供で、
父親が「石切さん(*1)」へお参りして授かってきた
” お札(おさつじゃないよ、おふだだよ!) ” で、身体をなぞっていたもんです!
「お札」でなぞって直るんやったら医者も薬もいらんやないか・・・ってな事は
言っても思ってもいけません・・・それは、神への冒涜ですぞ。
「お札」でなぞるのは、初詣に神社にお参りして一年の安寧を祈願するのと同じで
” 心の安寧 ” をもたらす行為なのです・・・昔から ” 病は気から ” と言うでしょ!

その「じんましん」も10代になってからは、いつかしら出なくなり・・・
今や有り難い事に鈴虫坊はこの時期、
杉木立のハイキングコースを歩いていても何ともない。
ま、” 筋肉痛が忘れた頃にやって来る ” お年頃になって久しい身なので、
” 何で今頃? ” と他人様に笑われる季節外れの頃になって発症する恐れはあるが。
努々油断なく日々を過ごしていかないと・・・と思いつつ早や幾年月・・・。

*1)石切さん・・・
関西以外ではあまり馴染みがない名称だと思うので、ひと言注釈!
正式名称は「石切劔箭神社(いしきり つるぎや じんじゃ)」
大阪府東大阪市にある古社で、関西では、” でんぼ ” の神様として有名!
「でんぼ」とは関西弁で「できもの・腫れ物」の事・・・とは言うものの
最近では殆ど聞かれなくなった関西弁の一つだが・・・。
しかし「じんましん」って・・・できもの・腫れ物の類いなの?・・・
・・・今、書きながら思ったけど!

この記事へのコメント