春のような陽気が続いて・・・寝た子が起きそう!

今日は12月5日(水) 今の時刻は13時30分、
二階ベランダの温度計は20℃ちょうどを指している。
そして、今居る部屋の温度計は更に高く22℃を指している・・・
暖房器具は使っていない。
曇り空から雲が切れて日が射してきたから、
もう少しすると更に内・外気温とも上昇するだろう・・・。
関東の方でも、昨日あたり日中25℃だったとか・・・
テレビではこの ” 真冬の夏日 ” の光景として
半袖姿の歩行者や海辺での水遊び姿を映し出していた。

スズムシたちが居なくなって、一ヶ月以上が経ち、
いまは、残された卵たちはマットの中で
来春の暖かい日射しを待ちつつ静かに眠っている季節だ。
でも、年末師走のこの時期に、この春の陽気はどうした事か?
・・・やっぱり地球の気候はどこかおかしくなってきたのか?
こんな気温が続くと卵たちが、春が来たのか!と勘違いして、
眠りから覚めてくるかも知れない!

でも、今週末からは本来の気候が戻ってくる・・・らしい。
気温が一気に一桁に下がっていくらしい。
卵たちよ!・・・勘違いして土から這い出してきたら、
途端に寒波に見舞われて生きていけないからね。
マットの中がどんなに暑苦しくても暖かくても、
ガマンしてジッとおとなしく寝とくんやで!
飼育ケースをもう少し涼しい場所に移動させておこう・・・。

この記事へのコメント