どうやら、メスたちも・・・。

今日、飼育ケースを覗いてみると・・・・・。

今週、21日(日)・22日(月)と一泊二日で「姫路・赤穂」方面の
” 城巡り ” に出掛けていたのだが、どうやらその間に
スズムシたちは皆、一生を終えたようだ。
近頃、昼間はともかく朝晩の冷え込みは、スズムシたちには
少々厳しい季節になってきていた。
今日は天気も良くないので、明日あたり晴れてくれれば、
ケース内を綺麗にして ” 冬越し ” の支度をしてあげよう・・・
今年もメス達が沢山の卵を残してくれたようだ。
そんなスズムシたちの最後を見送る事もなく、気まぐれ旅の行き先は・・・

世界文化遺産・国宝 姫路城
秋晴れの日曜日だった事もあり、観光客でごった返し状態だった。
世界文化遺産 国宝・姫路城1.jpg
世界遺産として登録されている為か、海外からの観光客が目立つなぁ・・・
以前に来た時とは風景が一変していてビックリ仰天!・・・
ま、以前と言っても、昔々遙か彼方の昭和の時代の事やけど・・・。
姫路駅からの大手前通りもそうだが、城を取り囲む周囲の風景が
ビックリどころか、腰を抜かすほど ” 観光地化 ” してしまっている!
飲食店や土産物屋がひしめき合って、またソコに群がる人・人・人・・・
こんな事になるんやったら、世界遺産登録も良し悪しやなぁ~~~
迷惑や!って思ってる人も、よーけ居ると思うで!
世界文化遺産・国宝 姫路城 天守閣
日の光を浴びて眩しいほどの白さだ!
姫路城天守閣2.jpg

書寫山・圓教寺 摩尼殿(本堂)
圓教寺へは山の麓からロープウェイで山上まで行き、あとは歩き!
山上駅で降りてからも更に登りの地道が続くが、山歩きが苦手な方には・・・
山上駅から摩尼殿近くまでは送迎バスもある・・・但し、
乗車時間約5分で乗車料金が500円・・・ ” 足元を見た ” 料金やなぁ・・・
天台宗・書寫山圓教寺・摩尼殿-1.jpg
岩手県の中尊寺にも何度か行ったが、ロープウェイはなく
山の麓から結構急な登山道のような地道を20~30分ほど
息を切らせながら登って行かないと中尊寺本堂に辿り着かない。
それに較べコチラは途中までとはいえ、
ロープウェイに乗って行けるので幾分かは楽だ!
ただ、中尊寺の場合も金色堂へは更に奥へ奥へと山道を歩いて行く事になるが
コチラも摩尼殿(本堂)の奥にある「三つの堂」へ行くには更に、
もうひと踏ん張り山道を歩いて行かないと辿り着かないのが・・・辛いのぉ。

書寫山・圓教寺 大講堂
摩尼殿(本堂)から更に奥へと進むと「三つの堂」に着く。
大きなお堂が、コの字型に三棟建っている。
下の写真はその内の一つ「大講堂」・・・壮大な建築物だ。
この「三つの堂」エリアは映画やドラマの撮影スポットになっているようで
” ラストサムライ ” や ” 関ヶ原 ” 、NHK大河の ” 軍師勘兵衛 ” 等々
ロケに使われていたそうだ。
圓教寺・大講堂1.jpg

赤穂 「義士あんどん」
JR播州赤穂駅から徒歩で5分程だったかな?
この時計台(義士あんどん)の右後ろに「息継ぎの井戸」がある。
「息継ぎの井戸」は江戸城での主君内匠頭刃傷事件の第一報を知らせる為、
江戸から早かごで駆け戻った赤穂藩士が、この井戸で一息ついた後、
城内の大石内蔵助邸へ駆け込んだ、とのいわれがある。
実際の井戸は、此処ではなく近くの別の場所にあった様だが
近年どういう事情か、此処に移設したようだ。
時計台-1.JPG

赤穂 「義士あんどん」 からくり人形
実はこの時計台は ” からくり時計 ” になっていて、
毎正時に、音と共に忠臣蔵顛末の語りが流れ
それに合わせて家紋のついた扉が開き、上の時計盤もせり上がって、
からくり人形が二段で現れ、動き出す。
時計台・からくり人形.jpg

赤穂城 大手門
来てみて初めて知ったが、
築城当時から赤穂城には天守閣は、なかったんだとさ!
赤穂城・大手門.jpg

赤穂城 本丸庭園
昔々、その昔・・・
きっと、お殿様もお姫様も、この池を眺めていたんだろうなぁ~~~!
赤穂城 本丸庭園-1.jpg

大石良雄(内蔵助)宅跡 長屋門
上の「息継ぎの井戸」から徒歩で10分ほどだったかな!
井戸の水で喉の渇きを癒やした赤穂藩士が、
江戸城での主君刃傷の第一報を知らせる為、
門を叩き、駆け込んだのが、この大石良雄(内蔵助)邸の長屋門・・・との事。
大石良雄(内蔵助)宅跡 長屋門.jpg

スマホの歩数計によると、
1日目=18,369歩 2日目=16,687歩 2日間計=35,056歩
鈴虫坊は一歩=約65~70cmなので、35,056歩×0.65m=22,786m・・・
ま、2日間で「23km前後」歩いた事になるようだ!
でも次の日、計測した「体重・体脂肪・内臓脂肪」は変化なし・・・
う~ん、ぼ~っと歩いてるだけじゃ、体重も脂肪も減らへんねんなぁ~~~!

この記事へのコメント