「Google Home」が届いた! 開けた! 使ってみた!

10/6の発売日にネットで注文したが、その後すぐに三連休が続いたり、
連休明けに二日ほど家を留守にしていたので、商品を手にしたのは昨日帰宅してからだった。
真ん中に写っている、白くて円柱っぽいのが「Google Home」だ。
左右にあるペットボトルやスマホはサイズの比較対象物として置いてある。
重さは、見かけよりはチョット重い!・・・例えて言えば・・・
金や鉛を手に持った時に感じる  ” お、見かけより重いな ” と言う感覚に似ている。     
Google Home.JPG
さて、” コイツ ” は何が出来る?・・・期待だけは少しづつ膨らむ・・・

例えば、手が汚れていても、” タイマーセット◯分 ” と声を掛ければ、
” はい! ” と言って、直ちにカウントダウンを開始してくれる!

ま、でも、そんなに過大な期待はしない方がヨロシイかもかも。
基本的には
いままで、何かを検索する時はキーボードで文字を打ち込んでいたが、
「Google Home」は本体のマイクで、声を拾って検索してくれる。
あるいは、
いままで、モニターに文字で出ていた検索結果が、「Google Home」本体の
スピーカーから日本語で返ってくる・・・あとは、Chrome Cast を持っていれば・・・
 ” テレビをつけて ” と言えばつけてくれる! ” 消して ” と言えば消してくれる。
部屋の照明なども対応のブリッジと言うのか、ゲートウェイと言うのか・・・
そう言ったモノがビルトインされている機器であれば、言葉で「点けて・消して」が出来る。
今後はそう言った機器もきっと増えてくるのだろう・・・。

映画や動画が見たい時は ” ◯◯の動画 ” と言えば
「YouTube」か「Netflix」で探してテレビに流してくれる!
音楽が聴きたければ、曲名や歌手名を声でリクエストすれば、
本体のスピーカーから曲が流れ出す!・・・が、こういった音楽や映画のアプリは
事前の契約と月額料金が必要だが、既に「Google Play」やNetflix」と契約して
スマホやPCでアプリ を使っていれば、そのまま使える。

ま、タイマーセットや音楽のリクエスト、声でのGoogle検索などなどは、
従来から普通に、 スマホ でも出来ていたので取り立てて珍しくもないが、
面白いのは、問い掛けした時の「Google Home」の受け答えが結構面白い。

質問に答えられない時に「ごめんなさい、わかりません」と素直な答えは
このご時世、なかなか好感が持てるし、
「スミマセンお役に立てそうにありません。今後さらにガンバリます」とか
「もっと勉強して改善します」と、思いの外、前向きでガッツな答えが返ってきたり、
アナタの明日の予定は?と問えば・・・
「ここに居ますので、いつでも呼んで下さい」と殊勝な返事があったり、
テレビを発明したのは誰?と問えば、「テレビ発明者」
自転車を発明したのは誰?と問えば、「自転車発明者」と
至極妥当、ごもっとも! だけどズッコケな答えが出てきたり・・・
アレコレどんな受け答えをするのか? 暇つぶしには 面白そうだ!

そんな事ばかりではない、結構役に立つのは、
朝「おはよう」と言えば、今の時刻・気温・天候・今日の予定、
そして、最新のニュース(でも、実際は昨夜のニュース主体)などなどを
手短に教えてくれる・・・コレは何かをしながら聞き流せて結構使い勝手が良い。

ま、ヒマでヒマで捨てるほど時間を持て余していたり、
逆に、猫の手も借りたいほどに息つく暇も無いような人は
一台そばに置いておくと、案外役に立つかも・・・。

あ、そうそう・・・犬の声も鯨の声もコオロギの声も問えば答えてくれるが、
スズムシの鳴き声は知らないようだ。

この記事へのコメント