お墓参りとお墓の清掃・・・あわせて橿原神宮にお参りも。

代々のご先祖様・・・誠に相スマンことで御座いました・・・今年初めてのお墓参りで・・・。
・・・聞こえてきます・・・何をこんな中途半端な時にノコノコ来やがって、
一体何をしとったんや! とのお怒りの声が・・・全くもってごもっともで御座います。
春のお彼岸やら夏のお盆・秋のお彼岸・・・寒いだの暑いだの蚊に刺されるだのと言い逃れ、
ことごとくスッポカして今日に至っておりました・・・誠にもってスマンことで御座いました。
昨今の整備された霊園のような所だと、線香片手に気軽にお参りも出来るのですが・・・
ちょっと遠くて不便な所で・・・車で高速道路をブッ飛ばして2時間近く・・・
奈良・明日香村の山肌に張り付いたお墓まで出掛けなければなりません。
えぇ勿論、お墓からの景色は良いですよ・・・目の前は一面の明日香の棚田ですから!
ちょうど、稲刈りのシーズンで、村の人たちも忙しそうにしていましたね。
もうひと月ほど早く来て居れば、彼岸花が棚田の畦一面を真っ赤に染めて居たのでしょう。
今回は、立ったままでも楽チンで草刈りできる電動草刈り機も持参して・・・
「草引き・草刈り」やる気満々で来ましたよ! ご先祖様。
なんせちょっと鈴虫坊家のお墓は・・・街の霊園サイズ10区画分程の広さの上、おまけに
いわゆる里山っぽい所なので、ほっておくと雑草グングン、蚊がブンブン・・・。
服がドロドログシャグシャになる前に、先ずはお寺のご住職様に手土産持ってご挨拶!
話によると近頃はイノシシも出るらしい・・・え、でも頑張ってやってきましたよ。
それと言うのも来月は両親の祥月命日だし・・・ちょっとはきれいにしとかんと!
玉砂利もチョットばかし持参しました。重たいので20kgを一袋だけですが・・・。
普段は日帰りですが、今回はやる気満々、性根を入れて一泊二日でやって来ました!
いや別に後で、温泉でユックリとか、ちょっとブラブラとか・・・
そう言った魂胆は毛頭なく・・・ええ、全くもってそのようなことは・・・。
ま、次の日には、ちょっと時間も出来たので橿原神宮へお参りに行っときました。
ええ、勿論、先祖の皆々様の供養も兼ねて・・・ウソでも出任せでもありませぬ・・・
鈴虫坊は常日頃から ” ご先祖様ファースト ” で精進致しております・・・勿論デスとも。

と言う事で、身も心も清め静めて・・・・・さて、ここからは気を取り直して!

これは、橿原神宮のパンフなど、案内でよく見かける鳥居だが、
こちらは北参道から北神門(きたしんもん)につながる、北の鳥居。
北参道・北の鳥居-1.JPG

こちらの鳥居が、表参道から南神門(みなみしんもん)につながる、一の鳥居。
鳥居をくぐって真っ直ぐ進み、石の神橋を渡ると二の鳥居があり、更に進んだ奥の
右手にある南神門を入ると、外拝殿(げはいでん)が見えてくる。

表参道・一の鳥居-1.JPG

外拝殿の右側の大きな絵馬には干支が描かれており、
年末近くになると翌年の干支の絵馬に置き換えられる。
その様子は毎年、年の瀬の風物詩としてテレビなどでも紹介される。
外拝殿-2.JPG

外拝殿でお参りした後、横に繋がる廻廊をグルッとまわっていけば
内拝殿(ないはいでん)にすすめるが、
内拝殿からその奥、本殿・幣殿は特別の場所。

外拝殿・内拝殿と廻廊に囲まれた玉砂利の庭は
広さ3,200平方メートル(970坪)、静けさに包まれた場だ。
内拝殿-1.JPG

この記事へのコメント