「空白の天気図」と言う文庫

ノンフィクション作家、柳田邦夫氏がNHK記者として広島支局に配属されていた当時、
毎年、原爆関連の取材をする中、テレビやラジオでは伝えきれないこの原爆の実像を
もっと広く、もっと多くの人たちに知って貰いたいと思うようになった事が
NHK記者を辞し作家に転身する一つのきっかけとなった・・・と
柳田邦夫氏本人が語っていたように記憶するが、その本こそがこの「空白の天気図」だ。

原爆投下の被災地を自らの脚で細かに歩き、多くの被爆者の方々と接し取材を重ね・・・
原爆投下直前から投下後、一変した広島の人々の姿、街の変貌を
NHK記者時代からの綿密な取材に基づき
ドキュメントタッチでその実像を描き出した名著だ。
広島に赴任していた当時、被爆した家族を持つ広島の人に教えて貰った一冊だ。
それ以来、一人でも多くの人に読んで貰いたい一冊だと思い願っている・・・

文庫本でも並んでいるが、単行本の方が読みやすいよ!

この記事へのコメント