” 翅 ” や ” 脚 ” が増えてきた!

 飼育ケースの掃除をしていると、

” 翅 ” や ” 脚 ” の見つかる数が増えてきた!   ” 胴 ” は無い。

オスは殆どが命尽きる前に、メスの栄養源となる。

脚や翅はその残骸である。

 

 オスの栄養はメスが産む卵に受け継がれ、冬を越し翌年に命を繋ぐ。

これからの1~2ヶ月、飼育ケースの中では、オスが減ると共に徐々にその鳴き声も細る中、

メスは無言で卵を産み続ける。

自然の営みは、人が暑いだの涼しいだのとボヤいている間にも黙々と時を刻み歩を進めている。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック