スズムシ 4令 メス

 スズムシの幼虫は小さいうちは雌雄の区別がつかないが

090720_2 4令の頃になると、オス、メスの区別がつくようになる。

 この頃、メスにはお尻から真っ直ぐ伸びる産卵管が現れる。

 幼虫のうちは短いが成虫になる頃には15ミリ前後となる。

 

 この産卵管を土中10~15ミリの深さまで突き刺して一粒づつ産卵する。

 ちなみに1匹のメスが産む卵の数は100粒前後。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック