オスはあと2匹

8/19の初鳴き以来2ヶ月間、

涼しげな音色を聴かせてくれていた50匹程のオスのスズムシたちも今ではあと2匹となった。

鳴き声もどこか寂しげである。

一方、メスたちは相変わらず産卵に余念がないが、こちらもあと20匹前後になってしまった。

今週中にはオスたちは多分居なくなってしまう。

そのあともメスたちは結構長生きする。昨年は12月に入っても生きていた。

どこの世界でもメスは強い!  そして役目を終えたオスは潔い!

今年はどうだろうか? 昨年より孵化も初鳴きも早かったので12月までは少々厳しいかも知れない。

いずれにしろ、生きている限り世話は続けなければならない。 これは飼い主の責務である。 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック