ツメレンゲ(爪蓮華) ~花が咲いたぁ~

数年前に知人から頂戴した ” 多肉植物 ” ・・・今も昔も ” 多肉植物 ” には
全く興味のない鈴虫坊だが、そこはそれ・・・義理人情には殊のほか厚い鈴虫坊としては
折角、知人がわざわざ購入してまで呉れたモノを無碍に捨てる訳にもいかないので
当時、名前もよく判らないまま、取りあえず鉢植えにして庭先に置いておいた。

ま、その時はハッキリ言って ” 枯れたら枯れたでしゃぁない ” ・・・一応、新しい鉢に
新しい土を入れ・・・一応、判らんままではあるけれど世話をして・・・一応・・・

一応一応って・・・さっき、義理人情に厚い鈴虫坊って胸張ってたんとちゃうんか・・・
とりあえず、とか、一応、とか、先様の折角のご好意を雑に扱いやがって・・・
と言うお叱りの声も聞こえてきそうですが・・・
取りあえず、それなりの、一応の世話は焼いていたつもりです、ハイ!

冬になると葉っぱが茶色く枯れたように萎びてしまったので、やっぱ枯れたかぁ~~~!
と思っていたが、年も明け季節が暖かくなってくると、俄に元気モリモリ、
あれよあれよと言う間に子株・孫株を増やしていった。
次の年も冬になると葉っぱが萎れ茶色くなってきたので、遂に枯れたかぁ~~~!
と思っていたが、なんのなんの、春には前年にも増し一層元気モリモリ活力旺盛・・・
今年は遂に、9月頃から塔が立ちだし・・・遂に遂に ” 花 ” を咲かせた!

でも、よくよく聞くと、このツメレンゲ(爪蓮華)という多肉植物さんは、
三年に一度だけ花を咲かせ、そのあと枯れていくのだとか・・・儚い命の多肉さんのようだ。
ツメレンゲ花-1.jpg

儚いが故の美しさなのか・・・真っ白で清楚で可憐な花を咲かしている!
「準絶滅危惧種」とかで年々数が減ってるのだとか・・・知らんけど・・・

そうか! 3年毎に花を咲かせたあと、自分の周りの子株・孫株を道連れに、
次々枯れていくから全体の数が減っていくのか・・・

と言うことは・・・近い将来、鈴虫坊の目が・・・まだ黒いうちに、
ヒョッとすると希少価値が出てくるかも・・・。
ツメレンゲ花-2.jpg

ま、そんな話を聞くと、チョット・・・枯らしてしまうのも勿体ないので・・・
塔がたって花がついてる親株に根が繋がっている子株や孫株達が、
道連れで枯れてしまわんように一つ一つ切り離して、
今日、素焼きの30cm浅鉢に、20株ほど挿し芽や株分けをして植え替えておいた。
これで来春には、この若き子株や孫株たちが、またまた元気モリモリ、活力旺盛に、
ドーンと、ねずみ算式に株が増えるかも・・・

いや、あの、別に、増え過ぎたからって「メルカリ」で売ろうとか・・・
そんな下心は毛頭アッりゃしませんから・・・

でも、ま、生まれも育ちも関西の・・・鈴虫坊やし・・・
是非とも欲しいっちゅう人がおったら、そりゃ義理人情に厚い鈴虫坊でっさかいに、
・・・日頃、世話してた分の手間賃くらいを貰えたら・・・儲けなしで安うに
お分けしてもエエかな?っとも思っとります・・・心の隅で、ほんの、ちょびっとだけ。

いや、でも・・・もし希少品になるようやったら・・・
「メルカリ」より「Yahooオークション」でみんなで仲良く競ってもろたほうが、
思いの外、値が張ってくるかもぉぉぉ~!・・・・・知らんけど!
どっちがエエか・・・チョット寝ながら考えてみる事にするか・・・。
あぁ~~~夢がふくらむなぁ~~~・・・って、ホンマ、セコい話や!

年のせいで脳細胞がドンドン減っていってんねんから、まだ残っているうちに、
もっと他に考えとかなアカンことが一杯あるやろ!・・・あんまり思いつかんけど・・・
う~ん、だいぶもう脳みそがスカスカになってきてる気がする!
posted by 涼虫庵の鈴虫坊 at 15:51Comment(0)日記