梅雨時 カビ対策

 昨日から今朝まで 「 大雨警報 」 が出ていた!

雨は上がったが霧が晴れない! 濃霧とは言わないが、視程500メートル程度。

1キロメートル先は全く見えない! まっ白だ! 周囲の山も、山裾しか見えない!

 

 こんな時期、スズムシの飼育ケースの中は、” カビの楽園 ” だ。

エサ皿では、ほぼ間違いなく カビが繁殖し出す!

特に、粉エサにはカビが生えやすい。 梅雨時は粉エサは止めて、

テトラフィン(本来は金魚のエサ)などのフレークタイプに切り替えよう。

ある程度 カビの繁殖を防ぐ事が出来る。

ドライタイプのドッグフードも使いやすい!  特にパピー(幼犬)用は栄養満点だ!

 

 勿論、霧吹きは殆ど必要ない!!!   木炭が入っていればそれを湿らす程度でよい。

生木・流木の類が入っていると、それらからカビが発生するので取り出しておく方が賢明だ。  

幼虫が少なくなったので・・・・・。

 今年は例年になく里親募集に応募が多い!

募集を初めてまだ一週間だが、おかげさまで、手元の幼虫たちが目に見えて減ってきた!

暫くすると、また増えてくると思うが、

 本日より暫くの間、里親募集でお譲りする匹数を

「 上限 100匹 ⇒ 上限 30匹 」 に制限させて頂く事とした。

また、今後の状況によってはご応募頂いてからお届けまでに若干日数を要する事態もありそうだ!

予めご了承の上、ご応募下さい。

キュウリの花 一個だけ・・・

100622_00111  5/16に植えたキュウリに花が咲いた! 一個だけ!

やっと・・・・・という感じだ!

スズムシの孵化に間に合うようにと植えたつもりであったが、

今年少々生育が悪く、間に合わなかった!

咲いたのは雌花だが雄花がまだ咲いていない!

なにせ、今夏一個目の花だ!

キュウリは雌雄の花が揃わなくても結実するのだろうか?

たぶん、この花は咲いただけで終わるのだろう・・・・・。

 もう暫くは、地場野菜の販売所へキュウリの買い出しを続ける事になるのだろう・・・。

きっと、キュウリばっかり食べてるオッサン・・・・・と思われる事に・・・・・。

一令幼虫!

 里親募集に早速沢山のご応募有難うございます。

梱包資材が不足して本日調達していた為、

発送は明日(22日)から開始致します。

お住まいの地域によって到着が異なりますが

最短で翌23日の午前中には里親さんのお手元に届きます。

 100619_00911 お手元に届くスズムシの幼虫は

こんな感じです!

今も次々と孵化してきています。

里親への皆様のご応募、お待ち致しております。

スズムシ里親募集開始しました。

 今年もスズムシ幼虫の里親募集をはじめました。

応募要領等、詳細は右サイドバー上段の

 「 スズムシあげます 」 より 記載内容をご確認の上、

ご応募下さい。

なお、発送は週明け(21日)以降からになります。

白い幼虫 黒い幼虫

100615_007111 生まれた直後はほぼ透明、

時間と共にだんだん白く、そして最後に黒っぽくなる。

人の心・腹の中 の話ではない!

スズムシの幼虫は孵化後、脱皮するたびに 

透明⇒白⇒黒 を繰り返し成虫へと成長して行く。

100615_02011

孵化がスタート

 100615_01311_26月15日(火) スズムシたちの孵化確認!

13日に様子を見た時には1匹も居なかった!

14日は確認していなかった!

今日15日、覗いて見ると 幼虫がケースの中で走り回っていた!

100615_0211 どう少なめに見ても 「100や200」 は跳ねたり走ったりしている。

この2日間で第1陣が足並み揃えて孵化して来たのだろう。

鈴虫坊の予定では今月下旬頃の孵化予定であったが、

10日程早い孵化の始まりだ。

 これから一ヶ月程、他のケースも含め五月雨的に孵化が続く。

鈴虫坊の見込みでは 「7000~8000匹」 が孵化の予定。

元気で丈夫なスズムシに育って貰うために、しっかり観察&世話をしよう!  

やっと気候が安定してきたと思ったら・・・。

 ややこしい春の気候が過ぎ去って良かった良かったと思っていたが、

今日あたり、空の模様はなんだか ” 梅雨空 ” っぽくて・・・・・!

 

 ぼちぼち、アチラコチラで ” 孵化の吉報 ” がチラホラと聞こえ出してきた!!!

涼虫庵の卵たちは、未だ ” 静かに眠りの中 ” の様で孵化の兆しは窺えない。

 

 今年はキュウリの苗の育ちが少々悪い!  実がなるのが少し遅れそうだ。

タマゴたちは、ひょっとしてそれを見越してわざと寝坊しているのか!

それにつけても  ” 早起きは三文の得 ” と言うぞ! ボチボチ目を覚まして チョーダイ!