ギザ十 ・・・昭和29年の10円硬貨

先日、自販機で使えなかった10円玉があったので小銭入れに入れたままにしていた。

今日取り出して見てみると、昭和29年の刻印がしてあった。

プレミアの付くようなモノでは無いと思うが、

Photo私がまだ幼稚園にも通っていない頃に製造された硬貨である。

1円札、10円札の記憶はあるが、この頃10円玉を使った記憶はない。

そのような時代に10円硬貨が流通していた事に少し驚いた。

その頃の10円玉には一体どれ程の価値があったのだろう?

興味がわいて少し調べてみた!

10円で買えるモノは ・・・ あんパン1個、鉛筆1本、ハガキ2枚、卵(小?)1個、

その他、お米120g(茶碗八分目位?)、山手線初乗り料金、などなど・・・。

タクシーの初乗り料金は80円/2km、大工さんの日当780円、

小学校教員の初任給(基本給)は7800円だったとか。

今、あんパンは1個100円くらいか?ハガキは2枚で100円 ・・・ 50年で10倍に。

お米は約5倍、山手線は13倍、教員の初任給は30倍以上か?

卵の値段は余り変わっていないようだ、さすが物価の優等生!

ちなみに、10円硬貨は昭和26年より製造開始、28年の発行らしい。