産卵 始まる

そろそろ我が家ではスズムシたちの産卵が始まった。

飼育ケースの手入れをしていると、いつの間にかお腹がパンパンになったメスが増えてきている。

マット(赤玉土)を湿らせてあげると、メスたちが集まってきて産卵管を土に刺して産卵をしている!

スズムシは1匹のメスで平均100個の卵を産み付ける。

100匹居ると1万個の卵が1シーズンに産み付けられる勘定だ!

長さ3~4ミリ、直径1ミリ弱の卵は、土の中はもちろん、土の上にも産み落とされる。

土とケースの隙間に産み付けられた時は、一つ一つが縦になって並んでいる状態が

ケースの外からもよく見える。

今はまだ、産卵が始まったばかりなので、外から見えるような所には産み付けられていないが・・・。

産卵は例年11月頃まで続く。オスはその過程でメスの栄養源となって一足先に旅立って行く。

卵の孵化率は、冬越しが順調にいって70%前後、

冬越しを失敗すると孵化率は限りなく0%に近づく。1匹も孵らない場合もある。

無事に冬越し出来たか、否かは翌春、孵化してこないと判らない。