夜の生態

こういうタイトルにすると何となく、いかがわしい!

元来、夜行性のスズムシたちは、夜が元気だ!

ま! 夜行性ではないヒト科の生きモノにも、よく似た現象は散見されるが・・・。

しかし、昔のヒト科の生きモノは、” 夜の光 ” に集まった!

そして仲間と共に明るく夜を過ごした。

今は、闇に潜んで息を殺す。  タチが悪くなったモンだ!

がばいばあちゃんの「明るい貧乏と暗い貧乏」ではないが、夜にも 

” 明るい夜と暗い夜 ” がある。 (満月で明るいとか街灯が無くて暗いとかの意味ではない)

ヒト科の生きモノは夜行性のムシとは違うのだから夜でも明るく過ごしたいもんだ!

閑話休題

Img_0039 今日、飼育ケースの掃除とエサの交換をした。 

キュウリは庭で成った新鮮キュウリを入れてあげた。

今回も立派(?)なキュウリである。

最も太いところで直径 約 6㎝ 超! ふとい! 決して ” ウリ ” ではない。

午後に入れてあげたが、夜行性のスズムシは日中は物陰にいて、あまり食べには出て来ない。

夜、周囲が暗くなると、這い出してきたスズムシたちで、

「キュウリ棒」と「テトラフィン(エサ)」の屋台は賑やかになる。

お腹が満たされると、今度はみんなで揃って、朝まで輪唱が始まる。

とっ~ても賑やかだ! 正直、迷惑なくらい・・・・・!

冷蔵キュウリと違い、庭のキュウリは日持ちがよい。

スズムシたちが皮だけ残して中空のキュウリの輪が出来上がる頃まで、充分日持ちする。

キュウリを食べ終わったら、次はナスをあげよう。

いや、ナスはあまり好物では無さそうだから次はキャベツにしよう。

09年版 スズムシ飼育グッズ

気の早い話だが来年の里親募集の際、里子に出すスズムシたちに持参させる為の

09年版 「スズムシ飼育グッズ」 なる説明書を作成した。

新しく撮った写真などを差し替え、より判りやすいように毎年少しずつ

バージョンアップ(?)しているつもりである。

スズムシを飼育するために必要な、飼育用品、エサ類の他、あれば便利な小道具類を

写真入りで、A4一枚にまとめたシロモノである。

いずれも、近くのホームセンターへ駆け込めば簡単に入手出来る様なモノ。

私はいつも里子に出すスズムシたちに、この説明書と併せ、里親の皆様から寄せられた

質問や問い合わせを元に、日頃の世話の仕方を記した案内書を同梱している。

この二枚の紙切れを読みながら飼育して貰えればスズムシたちはすくすく順調に育ち、

初秋には涼やかに鳴き、晩秋には沢山の卵を産み、翌春に命をつなぐことが出来る。

スズムシの飼育には、特別な道具も特別な知識も特別な努力も何も要らない。

必要なのは、” 癒しを有難う ” という感謝の心だと思う。

究極の リサイクル & エコ

脱ぎっぱなし、放りっぱなしの人間とは違いスズムシは脱皮したあと、

自分の抜け殻は自分で始末をする。

Img_00741 ちょっと判りづらいが、これは羽化したスズムシが自分の抜け殻を

食べているところ!

セミなどは抜け殻はそのままにしてどこかへ飛んで行ってしまうが、

スズムシたちは食べて自身の栄養とする。

究極の リサイクル? エコ?    自然からは学ぶことが多い。

孤高の白

うう~~~ん・・・・・・・・・・凛々しい!!!

Img_00701 まるで・・・

何かを極め、天を仰ぐ哲学者のような・・・・・

リニューアル

ブログ画面のデザインをリニューアル。

もともと美的センスがないのでこういう事は大の苦手である。

特にカラーコーディネイトは、自分の脳みその中には、そう言う分野の ” ミソ ” は

無いと思っている。 だからデザインの ” 色 ” を選ぶのに大半の時間を費やした!

結果は、困った時の助け舟・・・Black・・・になった!

うん! でもなかなか見た目も落ち着いて良くなったし、

少なからず ” 品 ” も出てきた気がする・・・・・。

Wの白

今朝、犬の散歩に行こうと玄関で靴を履いている時にひょっと、

飼育ケースの方を見ると動く白いモノが二つ?

何じゃ・・・コレ???ボヤけてよく見えない?・・・メガネメガネ・・・

Img_00621 ジャ~~~ん!

2匹の白いスズムシ!

只今、ゾクゾクと羽化進行中!

初鳴き前線

以前にも書いたが、今年も沢山のスズムシたちを全国の多くの皆様に里子に出した。

我が家のスズムシたちが19日に初鳴きしたのを見計らったかのように

各地の里親の皆様方からも「鳴き出しましたぁぁぁ~~~!」とのお便りメールが届きだした。

一番乗りは我が家と同じ関西地方の里親さん、次に届いたのは、沖縄の里親さん、次に四国、

それからは中国、中部、関東地方が、ほぼ同じ。北陸・東北からのお便りは未だ届かないが

「鳴き出しましたぁぁぁ~~~!」のお便りがどうやら桜前線の如く北上して行く? 

と言っても、桜のようには日にちを置かず、わずか数日間で駆け上がって行った!

なかなか面白い現象だと思う。

これからは毎年、「初鳴き前線」とでも名付けて発表してみようか。

ラジオ体操

子供たちの夏休みもボチボチ終わりに近づき、前の公園で又ラジオ体操が始まった!

ベランダから見てみると、老若男女約25人! その内、小学生らしき子供は8名、

あとは世話役の大人や、お年寄りたち! いったい誰のための何のためのラジオ体操?

ひょっとして20~30年後には、この人数の子供たちでこの人数の大人たちを支えていくのか?

こんな身近で些細な光景の中にこそ日本の将来の姿が投影されている・・・のかも。

白いスズムシ

う~~~ん? 今年は上手く撮れないなぁ・・・見つけるタイミングが悪すぎる! でも、

1日中見てるわけにもいかないし。

Img_00021もっとまっ白な時に見つけないと純白スズムシに写らない。

まだ、羽化前もいるしもう少し後まで期待しよう。

赤とんぼ

赤とんぼ! と言っても「あのねのね」の歌ではない!

と言っても「あのねのね」の歌自体知っている人が少なくなってきたかも知れない・・・。

先週あたりまでは猛暑猛暑と騒いでいたが、急に涼しくなった。

そして昨日は「赤とんぼ」が目の前を横切った! 秋ですねぇ・・・いよいよ・・・・・。

スズムシも上手に鳴くようになってきた。

周囲の緑では、まだまだ昼はセミ、しかし夕方からは秋の虫が賑やかだ。

秋の夕暮れ時、赤い夕日の中、秋風にそよぐ草むらの上で赤とんぼが舞う風景こそが

 「日本の秋」 だと思う。

これからしばらくは毎日、こんな光景を眺めることが出来そうだ。